「汗疱」という手の平に水疱ができる病気で悩んでいます。発症は25年前。今まで試した療法、薬、食物についてのメモ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 晴天
 
[スポンサー広告
十味敗毒湯が効いている?
十味敗毒湯という漢方を二週間分処方されました。はじめて飲みます。
朝夕一回ずつ、4日飲んでみたところ、ちょっとよくなってる。

DSC_0344.jpg

このまま終焉をむかえてほしいです。
それにしても、ここまで即効性のある漢方ははじめてです。

十味敗毒湯は、ニキビなどに効く漢方のようです。
今まで処方されていたものは、温経湯や桂枝茯苓丸などの、瘀血(おけつ)体質を念頭においた漢方を処方されることがほとんどでした。生理痛とか貧血など女性特有の症状に効くものです。汗疱だけに注目することなく体質から治していこうという狙いがあるのだと思います。

今回の漢方は効能の最初に皮膚の項目がありました。皮膚疾患単体には即効性があるのかもしれませんね。
とはいえ瘀血体質なのは自覚があるので、今までの漢方が効かなかったと決めることはしません。実際によくなった時期もあったのは漢方のおかげかもしれないし、汗疱はストレスが最大原因ともいわれていて外的療法では根絶は難しい病気です。

十味敗毒湯も皮膚だけの薬というわけではありません。体質改善にも一役買ってくれるならとても良いめぐり逢いをしたと思います。次回の病院は9/6。きれいになった指を報告したいけれど、汗疱はぬか喜びをさせる病気なのでどうなるかわかりません。
Posted by 晴天
comment:0   trackback:0
[漢方薬
comment
comment posting














 

trackback URL
http://seiten4go.blog55.fc2.com/tb.php/97-26fbc5d5
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。