汗疱・異汗性湿疹…謎の水疱撲滅計画

「汗疱」という手の平に水疱ができる病気で悩んでいます。発症は25年前。今まで試した療法、薬、食物についてのメモ。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

桂枝茯苓丸加ヨク苡仁  

高木皮膚科でもらった漢方薬は、ツムラの「桂枝茯苓丸加ヨク苡仁」というものでした。

飲んだ感想は、まあまあ抑えられたかなという感じです。
ただ、続けなければ戻りました。
初漢方薬だったので、プラシーボもあったかもしれませんが・・

保険がきくといえ、2週間分で2000~3000円くらいするので、金銭的につらいのもあり、家からもそれほど近くないのであまり行かなくなりました。

市販品でも探してみましたが、コストパフォーマンスは同じようなものでした。
http://www.kenko.com/product/seibun/sei_751393.html

今は、ルミンAを飲み始めて3週間で、まだ調子もよいので、とりあえずそちらに期待を寄せています。

ルミンAは続けると耐性が付いて効き目が弱くなるとの話を聞きました。
どの薬も、少なからず体が慣れてしまうと効かなくなるきらいがあると思います。私も色んな薬を飲みながらそれを感じてきました。

漢方薬には、唯一それがなく、続ければ続けるほど効き目が出るので、根本から治るという証拠なのだと思います。

最終的には、漢方かなあと思っています。もう少し安ければなあ。。


水疱のアトが乾燥したままです。いつもなら載せられないほど気持ち悪い状態ですが、最近はルミンのせいか、小康状態が長いです。

category: 飲み薬

tb: 0   cm: 1

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2007/08/23 20:22 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seiten4go.blog55.fc2.com/tb.php/9-90782a10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。