20年間「汗疱」という手の平に水疱ができる病気で悩んでいます。 今まで試した療法、薬、食物についてのメモ。
ビオチン&アシドフィラス
このタッグが強力だと2ちゃんねるで見て、一時期飲んでいました。
結果は、たいして変化なかった・・
私は胃腸が弱い方です。便秘気味なのもあり、腸がよくならなければ肌もよくならないとよく言われます。
アシドフィラスは、最初は便通に効果的でしたが、そのうち効かなくなりました。
ビオチンはアメリカ製の含有量の高いものでした。
ビオチンには期待していたので残念です。
きっと、ビオチンや整腸剤といった単独の物に頼るだけではダメなのだと思います。

現在はクロレラとペリラオイルと、耐性が付かない程度に間隔をおいてルミンを飲んでいますが、あの頃より調子が良いです。
合わないと感じた食べ物を避けたり、手を極力濡らさない、洗剤などに気を付ける等、今の方が励行していることも関係しているかもしれませんが。
サプリメントはむやみに飲んで良い物ではありませんが、普段の食生活を分析して足りない栄養素を補う形で細々と続けていくことは重要だと思いました。
何かを施したとたんバシっと治ることはない病気だと思っています。
そのうち、手もうっかり水疱を忘れたように、フェードアウトで病気が引いていってくれないかなと思います。

で、
ビオチン効かないと言っておきながら、さっき「ビオチン&ラクトフェリン」が届いたので、またビオチン再開です。ラクトフェリンは母乳に含まれる成分で、アレルギーやアトピーに効くらしいので楽しみ。
Posted by 晴天
comment:0   trackback:1
[過去に試したあれこれ
comment
comment posting














 

trackback URL
http://seiten4go.blog55.fc2.com/tb.php/19-2b19c448
trackback
ビオチンビオチン (''biotin'') とは、D-[(+)-cis-ヘキサヒドロ-2-オキソ-1H-チエノ-(3,4)-イミダゾール-4-吉草酸]のこと。ビタミンB群に分類される水溶性ビタミンの一種で、ビタミンB7(Vitamin B7)とも呼ばれるが、欠乏症を起こすことが稀なため、単にビオチン
| 体が元気になるならない物質 | 2007.02.25 16:41 |